妊娠初期に注意しなければいけない行動

これってセーフ?妊娠初期にやってしまいがちなNG行動

おすすめリンク

精子提供の条件

精子提供のドナーにはたくさんの条件があります。その条件や理由についてご紹介します。

赤ちゃんに栄養を!偏った食生活はNG

念願の赤ちゃんを授かったので幸せいっぱい!とてもおめでたい事ですが、これから様々な事を乗り越えていかなければなりません。
その筆頭に挙げられるのが妊娠初期のつわりです。つわりは吐き気や嘔吐、全身倦怠感に頭痛、眠気、食欲不振、食欲増加、食べ物の嗜好変化と様々なものがあり、人によって全く違います。妊娠5~6週目から始まり12~16週目には治まる事が多く、原因は妊娠時に産正されるヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンが作用しています。ヒト絨毛性ゴナドトロピンが一気に増える為、身体がその変化に追いつかずにつわりが起きるのです。
妊婦の8割がつわりのどれかを経験すると言われていますが、それよりも更に重症の妊娠悪阻があります。妊娠悪阻はつわりが悪化し食事や水分が摂取出来ず衰弱してしまう事を指します。あまりにも妊娠悪阻が酷く、母体が危険な状態になった時には人工中絶を行う可能性もあります。
これらのつわりを出来る限り軽減し、且つ母親、赤ちゃん共に健康に暮らしていく為に、知っておいて欲しい情報があります。妊娠中は普段よりも身動きが取りにくいだけでは無く、ホルモンの影響で正常は判断が下せない事もあります。
だからこそ事前に正しい知識を付けて、赤ちゃんを守って頂ければと思います。ここでは妊娠初期にやってしまいがちなNG行動や注意点、やってOKな行動などをまとめていますので、妊娠を望む女性やそのパートナーはぜひ参考にしてみて下さい。

こんなに辛い?妊娠初期のつわりについて

妊娠中は自分だけでは無く、お腹には大切な赤ちゃんがいます。そんな赤ちゃんの為に良質で安心・安全な食生活を送るのが、初めに出来るプレゼントです。 ここでは偏った食事の危険性や、おすすめしたい食材について説明しています。バランス良く、おいしく食事をする事がママにも赤ちゃんにも栄養となります。

車や自転車もNG?移動の際に注意するポイント

妊娠初期は体調の波が激しく、これまでだと問題なかった移動手段を使うのも大変に感じるケースもあります。思わぬ事故や転倒を防止する為にも、控えて欲しい移動手段やどうしても移動手段を使う時のポイントを説明しています。 出来ればパートナーや親御さんに運転してもらうと良いです。

運動や遊びはOK?注意点とおすすめ

これまでは何の制限も無く好き勝手出来ていたけれど、出産までは赤ちゃんの事を考えて我慢する必要があります。 とは言っても、何もしないのは良くないのでおすすめの運動や遊び、レジャーについて公開しています。妊娠初期はストレスが溜まりやすいので、ストレス発散にも最適です。