これってセーフ?妊娠初期にやってしまいがちなNG行動

>

車や自転車もNG?移動の際に注意するポイント

自転車やバイクはNG

住んでいるエリアによって移動手段にも違いがありますが、多くの人が利用している自転車ですが、妊娠初期は控えて下さい。
スーパーや病院など、ちょっとの距離にも便利ですが妊娠中はホルモンバランスが崩れてしまうので、普段よりも注意力が散漫になるケースが考えられます。そのせいでぶつけてしまってお腹にダメージを与えてしまう事もありますし、自転車に乗ると腹圧がかかります。この腹圧が高まると流産や出血のリスクが生じるので、厳禁です。
他にもお腹が張って苦しくなる、サドル部分が押し上げられるので骨盤がゆがんだり、広くなってしまったりする事も考えられます。バイクも同じ理由、且つ運転が困難になるのでNGです。徒歩が辛い場合は電車やタクシーを利用して下さい。

車の運転は体調による?

再三説明している様に、妊娠すると普段とは違うホルモンが分泌される事で、注意力が散漫になったり感情をコントロール出来なくなったりします。だかこそ「これまでやっていたし大丈夫。」とは思わずに、慎重に行動して頂ければと思います。
続いての車の運転は自転車やバイクよりは安全ですが、長時間の運転はおすすめ出来ません。妊娠初期は強い眠気を感じる方もいますので、運転中に睡魔に襲われてしまうケースもあります。
体調の良い日であれば問題ありませんが、その際はしっかりとシートベルトを着用し、出来るだけ負担を減らす様に意識しましょう。
但し運転は出来るだけ短時間、やむ得ない時は1時間に1度は必ず休憩を取り身体を伸ばす事が大切です。


この記事をシェアする